2013年04月

◆俳優 松田龍平 主演映画『舟を編む』心境を話す【画像・映像】

13年04月13日16時26分


◆俳優 松田龍平 主演映画『舟を編む』心境を話す

 13日、俳優の松田龍平が、主演映画『舟を編む』初日舞台あいさつに出席し、
緊張した面持ちで「今、ちょっと楽しいです」と心境を吐露した。
本舞台あいさつにはほかに、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、伊佐山ひろ子、小林薫、そして石井裕也監督も登壇した。

__こちらが予告編です(^^↓

 松田は「言葉」が重要なテーマになっている本作にちなんで、
好きな言葉を聞かれると「楽しみ」と回答。
「僕は、結構いろいろなことに緊張してしまうタイプなので、楽しんでやりたいなぁ~と思って」と説明し、
すかさず「今は楽しんでいますか?」と司会者から突っ込まれると、
照れたような恥ずかしいような表情で「映画を観てくれた方たちの前なんで……ちょっと楽しいです」と胸のうちを明かした。
これには宮崎やオダギリをはじめとする登壇者も思わず、微笑ましい表情を見せていた。

 一方、松田演じる主人公・馬締が一目ぼれする女性・香具矢を演じた宮崎は「おもてなし」という言葉が好きとのこと。
「食事などに行って、気持ち良いおもてなしをされるとうれしいし、自分もそうしたいと思います。
おもてなしってやりすぎてもだめだし、至らないとそれもだめだし……その難しさも楽しいですよね」と理由を語った。

 そして馬締の先輩・西岡を演じたオダギリは、
本作と同日公開の映画『ライジング・ドラゴン』に主演したジャッキー・チェンを意識したのか
「ジャッキーの映画が同じ日に公開なのにこちらに足を運んでくれてありがとうございます」とあいさつすると
「彼は60歳近くなのにアクションを楽しんで、一生懸命映画を作っています。僕は『オッス!』という言葉が好きですね」
とオダギリワールド全開の発言で場内を沸かせた。

 本作は、2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの同名小説を、
映画『川の底からこんにちは』の石井裕也監督が映画化。

辞書編集に心血を注ぐ人たちを通して「言葉と人への愛」をユーモアを交えて描いたエンターテインメント作品になっているそうです☆

※映画『舟を編む』は丸の内ピカデリーほか全国公開中!!

___う~ん(*~V~*)やっぱりかっこいいww
映画「NANA」で蓮役をしていたときと雰囲気だいぶ変わりましたね!

でも、私はどちらかというと弟の松田翔太派ですがww
ドラマ「花より男子」でズキュんwwでしたからww

でも、、、二人ともス・テ・キwww


◆俳優 松田龍平 主演映画『舟を編む』心境を話す【画像・映像】・・・の続きを読む

◆『バイオハザード』新作、来年公開!!【映像】

13年03月05日22時09分


◆『バイオハザード』新作、来年公開!!

 人気ゲームを原作にしたアクション映画『バイオハザード』シリーズの新作が2014年に全米公開されることが明らかになった。

ミラ・ジョヴォヴィッチがヒロインを務める同シリーズは、
昨年に第5作『バイオハザードV:リトリビューション』が公開されており、日米で大ヒットを記録した。

 Shock Till You Dropによると、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは
待望のシリーズ新作の全米公開を来年9月12日に決定したとのこと。
監督はこれまで同様、ポール・W・S・アンダーソンが務め、撮影は今年秋に開始されるという。

 詳細は明らかになっていないものの、第4作の『バイオハザード IV アフターライフ』制作に際して、
アンダーソン監督はシリーズ第4作~第6作を新3部作として構想していることを明かしており、
次の作品がシリーズの転機になる可能性は高そうだ。

 映画『バイオハザード』シリーズは、カプコンの同名人気ゲームを原作に、
2002年から製作されているアクション・ムービー。
昨年公開された『バイオハザードV:リトリビューション』では、
過去に登場したレイン役のミシェル・ロドリゲスやジル・バレンタイン役のシエンナ・ギロリーが再登場を果たしたことも話題になった。

いや~それにしても
スゴイ人気ですもんね!!おめでとうございます☆

まあ、私は一度も見たことがありませんが・・・ww
大好きな中島美嘉様が出てるけど、怖いので見ようとおもいません・・・。

旦那の仕事が落ち着いたら一緒にシリーズを1から見てみようかな(^^



◆『バイオハザード』新作、来年公開!!【映像】・・・の続きを読む

◆宮崎あおい&向井理「理想の夫婦像語る」【映像】

13年02月02日22時07分


◆宮崎あおい&向井理「理想の夫婦像語る」

2月2日(土)より公開の映画「きいろいゾウ」。
その主演者、宮崎あおいと向井理が映画への思いを語ったのです。
映画は、宮崎演じるツマと向井演じるムコの切なく純粋な夫婦の愛情を描いた感動のラブストーリーになっており、
原作は、40万部を超えるベストセラーとなった西加奈子さんによる同名小説で、待望の映画化となった。

「きいろいゾウ」を観る前にちょこっと知っておこう!↓☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

田舎の一軒家に暮らす、小説家で週に何度か特別養護老人ホームで働く「ムコ」こと武辜歩(向井)と専業主婦の「ツマ」こと愛子(宮崎)。
東京から遠く離れた地で穏やかな生活を送っていたが、ムコは過去の傷を背負ったまま暮らしていた。
空想の世界を自由に旅しながら、幼い頃の日々の孤独を癒してきたツマは動植物と会話する不思議な能力を持っている。
ある日、ムコに一通の手紙が届いたことで、二人の関係が大きく揺らぎ始める。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

原作本の帯で『ツマを演じてみたい』と書いたほど原作のファンだった宮崎は、実際にツマ役をオファーされ、
「特別な喜びみたいなのは正直ありました」とのこと。
とはいえ、「現場に入ってしまえば他の作品と変わらないですし、好きすぎるから固まってしまう部分があったりするとそれは違うと思うので、
何も持たずに現場に入る感じでした」と自然体で撮影に臨んだというのです。

人と違った感性を持つツマは難しい役柄に感じるが、
宮崎は「台本を読んで自分の中で感覚としてあるツマさんとみんなの思うツマさんが一致していたと思います。
だから、違和感もなく、難しいと思うこともなく自然と演じられました」と撮影当時を思い返して語ったのです。

一方、向井にとっても原作は思い入れのある作品だという。
演じるにあたっては、
「好きな作品だということはもちろんなんですけど、だからといって他の作品と差別するのはよくないと思ってます。
それは一つの作品と思ってやってます」と断言したが、
「全然見飽きないで110分見られる。途中から(ストーリーの)毛色が変わるんで、映画を2本見たような作品」と映画を評し、作品にかけた思いは深い。
 
まさしく「ツマ」と「ムコ」として穏やかで愛情深い夫婦を演じた2人だが、実は今作が初めての共演となる。
自然体で仲睦まじいその空気感は、インタビュー時も健在で、
宮崎が「写真や映像で見る向井くんは、『ちゃんとしている人』って思ってました。
でも、お会いしてみたらちゃんとはしてるんですけど普通の人。
シュッとしたところをあまり感じなかったから、すごく心地良かったし、違和感がなかった」
と初対面の印象を語れば、向井は「不思議な人」と宮崎を評した。

さらに向井は、「(撮影の待ち時間などに)なんか変な絵を描くんですよ。形容しがたい抽象画(笑)。
僕は宮崎さんをツマさんとして見ていたので、ツマさんがそういう感性で生きている人だから、
違和感は全然なかったですし、なるほどって思いましたけど」と撮影時の宮崎の様子を明かしたのです。

そして、夫婦から始まる恋愛を描いた今作。
「2人にとっての「結婚」「夫婦」とは?」理想像を聞くと、
宮崎は「いろんなものを共有できる人。お互いの個性を尊重しながら、二人の時間を楽しめて、それが大切な時間だと思い合える関係」と語った。

対して向井は、「そんなに理想ってないんです。相手がどういう人かで変わってくると思うので、今からこれっていうのはないですね」と、向井らしい誠実さで答えた。

夫婦の関係と愛情に真摯に向き合った「きいろいゾウ」。愛する人との絆を再認識させてくれる映画になること間違いなし☆

この映画は個人的にすごく観たい映画なのです!!
でも育児をしているとなかなか・・・ですよね(>_<)

そうそう、私のお家の近くに撮影をしに来てたんですよ(^^!

そこの現場もどんな風に映画に写し出されているのか・・・(^^
観るのが楽しみです☆

予告映像です↓


◆宮崎あおい&向井理「理想の夫婦像語る」【映像】・・・の続きを読む

◆映画館でお馴染みの「映画泥棒」の素顔が明らかに!【動画・画像】

13年01月28日22時30分


◆映画館でお馴染みの「映画泥棒」の素顔が明らかに!

28日放送の「笑っていいとも」(フジテレビ系)内のコーナーで
「NO MORE 映画泥棒」のカメラ男が登場し、その素顔が明らかになったのだ!!

みなさん、もうご存知ですよね?
これです↓↓↓

「NO MORE 映画泥棒」とは、映画館で本編上映前に、映画の撮影・録音が犯罪であることを啓発するマナーCM。
登場するカメラ男は、頭にカメラをかぶり、スーツ姿でパントマイムを披露するという映像。
映画館に行った人なら一度は目にしたことがありますよね!

うん、私この映画泥棒さんを見ると、
今から映画見るんだ!!ってなって、
無駄にテンション上がっちゃうんですよ(^^;

ちなみに、
カメラ男は、見た目にはわからないが、驚きのエピソードを持つワケあり人間が登場する「ワケあり人間 カジノどっちベガス」に出演。
「映画泥棒の振付も自身が作っており、ダンサー暦25年のベテランである」と紹介されたという。

カメラ男の「中の人」であるo-kiさんはダンス暦25年の年齢はなんと40歳!!
パフォーマーとしての活動だけでなく、振付師やダンス指導、イベントMCとして活動しているみたいです。
また、「JAPAN HIPHOP DANCE ASSOCIATION」の副理事長でもあるというのだ!
その素顔は森山直太朗似のイケメンで、ツイッターでは、そのイケメンぶりに驚きの声が上がっているみたいです。

o-kiさんは最後にカメラをかぶって、映画泥棒のダンスを実際に披露し、スタジオは大いに盛り上がった(^^*

はい!!そのカメラ男さんの素顔をどーーん!!(^^*
↓↓↓

確かに想像を超えた爽やかイケメン!!
40歳には見えないね(^^;ステキです☆


◆映画館でお馴染みの「映画泥棒」の素顔が明らかに!【動画・画像】・・・の続きを読む

◆『ONE PIECE』超えの大ヒット作は登場するか!?2013年新作アニメ映画まとめ【動画】

13年01月14日08時22分


2012年はアニメ映画の好調ぶりが目立つ一年でしたね。
現在大ヒット公開中の映画『ONE PIECE FILM Z』や『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が驚異的な成績を記録した。
他、『おおかみこどもの雨と雪』が興行収入40億円を突破してオリジナル作では異例のヒットを果たした。
「ドラえもん」「名探偵コナン」「ポケットモンスター」「プリキュア」といった定番ファミリーアニメも安定した数字を出している。
2012年の邦画興行収入TOP10はアニメが過半数を占めそうな勢い・・・。

その勢いに続くかのように、2013年も多彩なアニメ作品が公開を控えているという。
注目は何と言っても、宮崎駿監督『風立ちぬ』と高畑勲監督『かぐや姫の物語』のスタジオジブリ2作品でしょう。
1988年の『となりのトトロ』『火垂るの墓』以来となる宮崎&高畑作品公開に、今から待ち切れないという人も多いのでは?
さらに、大御所ばかりでなく、次世代の作家も負けてはいない。
『秒速5センチメートル』や『星を追う子ども』で知られる新海誠監督の新作『言の葉の庭』は2013年前半公開予定なのだ。

WEBで配信されて話題を呼んだ『イヴの時間』の吉浦康裕監督は、
新作長編である『サカサマのパテマ』が2013年内公開予定となっている。

さらに、プロダクションI.Gから独立したアニメーションスタジオ「WIT STUDIO」が手がける中編『ハル』もアニメファンなら要チェック!!

また、最近は定番となりつつある、テレビシリーズから映画化のパターンでは、
『劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟』
『花咲くいろは HOME SWEET HOME』
『劇場版シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ』など、新作が多数登場する。

「ONE PIECE」級のヒットで言えば、同じ週刊少年ジャンプ発で、
原作者の鳥山明が脚本に関わっている完全新作『ドラゴンボールZ 神と神』も期待大だ!!

2013年も映画界を盛り上げるアニメから目が離せない!

■2013年劇場公開アニメ作品ラインナップ
(情報は2012年12月27日時点。公開日などは変更にある場合あり)

『宇宙戦艦ヤマト2199 第四章「銀河辺境の攻防」』(1月12日公開)

『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影』(1月12日公開)

『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』 (2月1日公開)

『スタードライバー THE MOVIE』(2月9日公開)

『劇場版 とある魔術の禁書目録 エンデュミオンの奇蹟』(2月23日公開)

『機動戦士ガンダムUC episode6「宇宙と地球と」』(3月2日公開)

『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』(3月9日公開)

『花咲くいろは HOME SWEET HOME』(3月9日石川県先行公開、3月30日全国公開)

『プリキュアオールスターズ NewStage2 こころのともだち』(3月16日公開)

『シュガー・ラッシュ』(3月23日公開)

『ドラゴンボールZ 神と神』(3月30日公開)

『AURA 魔竜院光牙最後の闘い』(春公開)

『劇場版シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ』(春公開)

『映画はなかっぱ 花さけ!パッカ~ん♪ 蝶の国の大冒険』(4月12日公開)

『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』(4月20日公開)

『映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』(4月20日公開)

『聖☆おにいさん』(5月10日公開)

『ハル』(6月8日公開)

『風立ちぬ』(夏公開)

『かぐや姫の物語』(夏公開)

『劇場版 銀魂 第2弾(仮)』(夏公開予定)

『劇場版 TIGER&BUNNY The Rising』(秋公開)

『言の葉の庭』(年内公開)

すごい!!今年公開予定のアニメ映画がこんなにもあるなんて!!
知らなかったぜ・・・。

ワンピースはたぶん超えられないだろうけど・・・・

ドラゴンボールZは大ヒットすること間違いなしですね(^^*

個人的には今公開中の映画、ハンター×ハンターがすごい見たい!!
小学校のときハマッたんだよね♪

まあ、子持ちはどこにも行けないので、
大人しくDVD化されるまで待ちます・・・。

トホホ・・・(;_;)


◆『ONE PIECE』超えの大ヒット作は登場するか!?2013年新作アニメ・・・の続きを読む

◆水嶋ヒロが映画「黒執事」で俳優復帰!ウラ事情・・・次回作は・・・?

13年01月09日23時23分


“作家宣言”をしていた水嶋ヒロ。
映画「黒執事」で3年ぶりに本格的な俳優復帰を果たすことが8日、分かったのだ。

水嶋ヒロといえば、2010年10月に処女小説「KAGEROU」で、ポプラ社小説大賞を受賞している。
作家に転向する際には、小説家に専念するとのことだったが、結局は俳優業に戻ってくることになったみたいだ。

週刊誌記者によると。。。
「デビュー作は賛否両論あったものの、人気俳優の“作家宣言”でかなり話題となった。
しかし、作家として真価が問われる次回作は発表することができず、その後は、ちょくちょく細かい仕事はしていたようだが、結局は俳優に戻ってきた」
とのこと。

本人も、自身の“文学”にかなりの自信を持っていたことで作家宣言。
しかし、処女作の売上げは好調だったものの、酷評されることが多く、
思い通りにいかない現状に早々にあきらめて、復帰の時期を慎重に検討していたというのだ。

「次回作をケータイ小説で発売するなど、オファーがなかったわけではないが、
本人がこれ以上、作品を発表することを恥の上塗りと冷静に判断したようだ」(週刊誌記者)

さらに、無期限の療養生活を送っていた妻・歌手でもある絢香の好調な状況も水嶋を焦らせていたとか・・・。

「絢香は2011年、2012年とNHK紅白歌合戦に出場、さらにオリジナルアルバムの売上げも好調だったことから、
特に目立った活動をしていない水嶋ヒロにとっては焦りもあったはず」(週刊誌記者)

帰国子女で長身・イケメン!慶応大学卒業のインテリ!さらには高校時代はサッカーで全国大会に出場していた水嶋ヒロ。
非の打ち所のない彼も、“執筆活動”だけは思い通りにいかなかったようだ。

// ]]>

嬉しい!!
おかえり~(^^*
もう一度あなたをTVで拝見したいと思っていたのよww

私が水嶋ヒロにハマッてしまったのは
映画「ドロップ」でしたww
あれは、もう胸キュんでしたよ(-v-*)

沖縄国際映画祭の試写会「ドロップ」のチケットが
奇跡的にも取れて会場へ行ってみると・・・

な・な・・なんと最前列!!

一緒に試写会へ行った妹は成宮寛貴が大好きで、
神様に「ありがトー!!!!」をめっちゃ言ったよ(笑)

だが、必死でラブビームを送るが見向きもしてくれず・・・

そして、
最後の最後に目が合ったのは・・・

哀川翔さんでしたww

かっこよかったから結果オーライ☆でしたけどね(笑)

水嶋ヒロさん!
今後の活躍応援しています(^^*


人気アニメ〝ワンピース〟劇場版「ONE PIECE FILM Z」が
2012年度の邦画作品では最速の、観客動員100万人突破を確実のものとした!!
劇場版「ONE PIECE FILM Z」は12月15日、全国300スクリーンで公開された。
だが、各地では満席状態が続いており、週末2日間で“大台”をクリアすることになった。

今回の作品は、原作者の『尾田栄一郎氏』が、興行収入48億円の大ヒットを記録した前作「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」以来となるプロデューサーを務めた。
前作が188スクリーンだったのに対し、今回は公開規模を大幅に拡大したみたいだ。
また、全国101スクリーンでは、日付が変わる午前0時から上映をスタートさせる措置を取ったほどだ。

そして、前売り券の販売数は65万枚を突破!!(゜○゜:
入場者プレゼントがあり、先着200万人に配られる尾田氏描き下ろしのコミック「千巻」とプラスアルファの特典が入った「海賊の宝袋」の存在も奏功したといえる。

配給の東映によれば、初日の観客動員は約60万人が確定しており、
前作対比で約160%の興収7億5000万円という驚異的な大ヒットを叩き出している。
今後、冬休みに突入することもあり、どこまで数字を伸ばすことができるのかにも大きな注目が集まっている。

ちなみに劇場版で初めて「新世界編」の物語を描く今回の作品は、
人気放送作家の鈴木おさむが脚本を担当している。
オープニングテーマを中田ヤスタカ。
主題歌をアブリル・ラビーンが提供。

はて、ワンピース人気はいつまで続くのやら…
子供から大人まで大好きだからね(^^*

それにしても、前作の映画収入48億円って目玉飛び出ますよ!!(=□=;

今作は前作を上回るでしょうね、きっと。

私の義弟も前売り券を買って、初日に観に行ってましたよ!!
先着200万人限定コミック「千巻」のために…
前作のときも、「0巻」のために行っていましたね(^^;

私は時代に乗り遅れているので、まずは一巻から読もうかな・・・笑


◆劇場版「ONE PIECE FILM Z」が、2012年度の邦画作品では最速・・・の続きを読む

◆宮崎駿監督の新作映画 タイトル発表!「風立ちぬ」…ん?『の』が入っていない!

12年12月13日19時39分

12月13日に、宮崎駿監督の新作映画のタイトルが発表「風立ちぬ」に決まったみたいです。
「崖の上のポニョ」以来5年ぶりの長編アニメとあって大きな注目を集めそうですが、
タイトル「風立ちぬ」が発表されると、Twitterでは「『の』が入ってない!」と驚く声が相次いだそうです。

お気づきの方もいるかと思いますが、宮崎監督がこれまで監督として関わってきた長編映画には、
すべてタイトルに『の』が入っているという共通点がありました。(私は知らなかった…!!)

「カリオストロの城」
「風の谷のナウシカ」
「天空の城ラピュタ」
「となりのトトロ」
「魔女の宅急便」
「もののけ姫」
「崖の上のポニョ」

・・・・。

ところが「風立ちぬ」には、どこにも「の」が入っていないじゃん!!
このタイトル発表を受けてTwitterでは

「『の』が入ってない……だと……!?」
「うわぁ! どうした駿!?」
「まだ間に合うなら『風たちぬのぅ』とかに変えるってのは」
「“ぬ”の中に“の”が入ってる」
「『の』が入っていないジブリ作品は売れない」

などの驚きの声が相次いでいるようです(^^;

確かに、言われてみれば『ぬ』の中に『の』は入っている様に見えるけども…
無理やりすぎるwww

でも、一番気になるのは、どんなストーリーなのか!?ですよね!!

個人的に「崖の上のポニョ」は好んで観れないかも。
津波がすごく怖かったんです(>_<)

だから、今回の「風立ちぬ」は恐怖感なしの映画であってほしい(@_@;

◆宮崎駿監督の新作映画 タイトル発表!「風立ちぬ」…ん?『の』が入っていない・・・の続きを読む

◆市原隼人主演、連続ドラマ〝カラマーゾフの兄弟〟が来年1月スタート!

12年11月28日22時34分

同局の連ドラ主演は〝ウォーターボーイズ2〟以来の約8年ぶり!!

今回のドラマ〝カラマーゾフの兄弟〟の原作は
19世紀のロシア文学を代表する作家フョードル・ドストエフスキーの
最高傑作として知られる同名長編小説をドラマ化。

物語は
「父親殺しの容疑をかけられた3兄弟が徐々に追いつめられ、
最後には衝撃的な真相が待ち受ける本格ミステリー。」
市原隼人が演じるのは3兄弟の1人
クールでニヒルな若手弁護士の次男・黒澤勲(くろさわ・いさお)。

来年13年1月12日から毎週土曜午後11時10分放送予定(^^)

実は中学のとき3年間大好きだった男の子が市原隼人そっくりだったのですww
そして「ヤンキー母校へ帰る」で市原隼人にドはまり(@v@)!!!

そうもろタイプなのですww
市原隼人が出ている雑誌も集めたときがあったなww
懐かしい!!

今回の連ドラ楽しみですね!!
結婚しているわたし。
浮気しないように気をつけなければ(笑)

◆市原隼人主演、連続ドラマ〝カラマーゾフの兄弟〟が来年1月スタート!・・・の続きを読む

◆Perfumeドラえもんの映画主題歌決定!

12年11月24日23時20分

来年2013年3月9日公開の「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」
主題歌「未来のミュージアム」をPerfumeが歌う!

Perfume「小さい頃から見ていた作品の主題歌。
まさか自分たちにくるとは思わなかったので信じられなかった。
私たちでいいんですかって感じです」と
海外ツアー最終公演のシンガポールで発表となったらしいよ!!

うん。私も小さい頃ドラえもん大好きだったな~!!
いつやらドラえもんは自然と私の中から卒業していて・・・
2005年には声優さん達も交代してますよね。
私が初めてドラえもんの映画を観たのは確か
『ドラえもん のび太の恐竜』でした。
あの当時ドラえもんの映画を観に行くとおもちゃを貰えるのが
すごく嬉しかった記憶があります(^^)
今もおもちゃを配ったりしているのかな??

ちなみに私がドラえもんの映画主題歌で印象に残っているのは
島谷ひとみさんの「YUME日和」です。
あの歌好きですね!

Perfumeさん達の映画主題歌も期待大ですね!

ところで私がいつも気になっていること・・・
Perfumeさんたちは歌っているの・・・?
息切れ一つせず歌って踊る。まあ、プロだからかもだけど。。。
気になる・・・笑

◆Perfumeドラえもんの映画主題歌決定!・・・の続きを読む

23歳の主婦が気になったニュース

個人的に気になるニュースをPick up!!23歳の私が〝今〟思うこと。

Home