◆外国人にとって、〝日本の忘年会〟は負担と感じている!?

12年12月21日20時41分


日本に滞在するとある米国人男性が、日本文化に関する情報を発信するブログサイト「alientimes」で、忘年会について感想を記した。

米国人男性は、
「日本で忘年会が行われる12月には、頭痛に悩まされたり、二日酔いで気分がすぐれない人が増える」と語る。
また、
「このシーズンは、夜の繁華街はどの居酒屋もいつもより賑わっていて、タクシーが道路に溢れていたり、
夜遅くになると駅などでサラリーマンが酔いつぶれてベンチで寝ているのを見かけることがある」と伝えた。

「これは日本の12月に起こる特徴的な現象」で、会社や友人と行う「忘年会」と呼ばれる宴会があるからだと米国人男性は説明している。
「義理を感じて参加する人もいるが、たいていは楽しみにしていることが多いようだ」と記した。

忘年会は、洋風のレストランよりも日本風の居酒屋が好まれ、忘年会メンバーは会社の同僚以外にも、
趣味のグループやクラスメート、旧友・・・などさまざま間で行われると、日本の忘年会の特徴を紹介した。

米国人男性は、日本に住む外国人は参加する忘年会の数は少ないが、「いくつもの忘年会に参加する人は負担」に感じるのではないか?と疑問を抱いている。

「飲み会」という習慣がない米国人にとっては、
「自分の食べた分だけではなく、メンバーが均一に支払うシステムを不満」に感じることがあるという。
「あくまでも個人の宴会で、会社が負担してくれることもないため、初めて来日した外国人はしばしばショックを受ける」と語る。
また、宴会ではたくさんの食べ物を注文し、アルコールも大量に消費するので、胃の負担にもなると述べているのだ。

しかし、「日本を十分体験したいなら、忘年会に行ってみる方がいいだろう」と勧めている。
年末の恒例行事である「忘年会」も、外国人にっとっては、さまざまな受け取り方をしているようですね。

やはり、価値観の違いですかね。

外国人から見た日本。ってこう映るんですね(^^)
確かに筆者が言っていることは、間違ってはいないですもんね(笑)

忘年会・新年会
お金が飛んでいきますが・・・交流の場ともなるので案外楽しいものです☆
ぜひ外国にもこういったイベントを広めていってほしいですね(^^)


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ◆外国人にとって、〝日本の忘年会〟は負担と感じている!?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
◆外国人にとって、〝日本の忘年会〟は負担と感じている!?23歳の主婦が気になったニュース

トラックバック&コメント

トラックバックURL


こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。



23歳の主婦が気になったニュース

個人的に気になるニュースをPick up!!23歳の私が〝今〟思うこと。

Home