◆犬がライオンに間違われ通報…/アメリカ【画像】

13年01月14日12時38分


一般人がライオンを見る機会と言ったら、動物園にサファリパーク、あとはサーカスくらいのものですよね。
もし町中でライオンがうろうろしていたとしたら、もちろん大騒ぎになること間違いなし。

それが、アメリカの街中に「ライオンの赤ちゃんががいる!」
と通報されることが実際にあったみたいです!
だが、警察が確認したところ、なんと犬だったと言う・・・(笑)

それがこちらの犬・・・↓

ライオンに間違われた犬の名前はチャールズ。
アメリカ・バージニア州のノーフォークで飼われているラブラドール・レトリバーとプードルのミックスだそう・・・。

ドミニオン大学のマスコットに似せて毛を剃られているために、小さなライオンに見えることがあるようです。

チャールズを見た通行人がライオンの赤ちゃんと勘違いし、警察に電話するという大騒ぎとなりました。

警察はバージニア動物園に連絡し、逃げたライオンがいないかどうか確認したところ、
動物園側は2頭のライオンが園内にいると答えたらしい。

そこでライオン騒ぎを調べると、近隣のガーデンセンターで飼われている犬のチャールズだったことがわかったのです。
また、警察によると同様の通報は今回が初めてではないとのこと(笑)

確かに角度や明るさによっては間違えてられても不思議ではない姿をしていますよね。
たびたび通報されるのであれば、もう少しわかるような工夫をしてもいいのではないかと思いますが・・・。

えっ!!
かわいい!!

こういうカットの仕方いいですよね!!

私はポメラニアンを柴犬カットにしているの大好きですww
これこれww↓

あと猫で飼ってみたいのは
豹柄をしたベンガルという猫!!
こいつww↓

もうこの二匹+娘でメロメロになるわ(~▽~*

だだ、デメリット・・・

毛か抜けなければ最高なのですが・・・(;_;)


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ◆犬がライオンに間違われ通報…/アメリカ【画像】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
◆犬がライオンに間違われ通報…/アメリカ【画像】23歳の主婦が気になったニュース

トラックバック&コメント

トラックバックURL


こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。



23歳の主婦が気になったニュース

個人的に気になるニュースをPick up!!23歳の私が〝今〟思うこと。

Home