◆涙袋が作れる!?新商品が続々開発【画像】

13年02月27日19時10分


◆涙袋が作れる!?新商品が続々開発【画像】

 目の下の膨らみを「涙袋」という情感豊かな言葉で表す日本人らしい、新たなメークトレンドが発生している。

うん、、涙袋があるとすごくかわいいんだよね!!!
私も化粧で作ったりしてますわ!

 従来はあまり気に留められていなかったが、最近の涙袋の張った若手女性タレントの活躍などで、
「涙袋があると目が大きく見える」などと注目の的になったよう。
「涙袋が欲しい」との切実な願いを受けて、斬新な涙袋メーク商品が続々開発されているそうです。

 ドン・キホーテ渋谷店(東京)では今月、涙袋メーク売り場を新設。
こちら↓

下まぶたに一塗りで涙袋風の立体感を演出するスティックなど10品が並ぶなか、
「入荷早々に完売」を繰り返す一番人気が、
極細粘着テープを下まぶたに食い込ませることで物理的に涙袋を盛り上げる「リアルタンク」(1260円)だ。
商品棚に「涙袋が膨らむ魔法」のポップと使用前・後の写真を掲示。

制服姿の女子高校生が「すっげぇ!」と驚嘆したかと思えば、
商品説明を読んで「あ、これアイテープと同じだね」。

 アイテープとは、上まぶたに食い込ませて二重まぶたを作る“一重ギャルの必需品”ともいわれる商品だ。
こちらね↓

 「確かに、それがヒントです」。店頭取材に立ち会っていた発売元、ティーガーデン広報の山谷真琴さん(27)が苦笑した。
「整形手術に頼る外国人と違い、『自力で』を大切にする日本人ならではのお悩み解消アイテム。
使い続けるうちに二重や涙袋のクセが定着する人もいる」

 渋谷にある同社で、開発者の荒木奈央さん(26)に実演を頼んだ。
救急ばんそうこうの素材に似た長さ3・5センチ、幅2ミリほどの、三日月型の粘着テープの両端を伸ばして、
下まぶたに沿って装着。すると、涙袋がぷっくり、テープもほぼ見えない。

 「目が縦に伸びる“デカ目効果”がウケた」と荒木さん。
先月から先行発売中のドン・キホーテだけで初回出荷8千個が完売した。

 一方、昨年10月「ピメル 涙袋用美容液アイカラー」(1260円)を発売したpdcも、
「年末までの出荷金額が目標の395%」と絶好調。涙袋へのこだわりは、きゃりーぱみゅぱみゅさんや武井咲(えみ)さん、
板野友美さんなど、涙袋がチャームポイントのタレントの人気とともに自然発生したらしい。

 「ここ1年で涙袋メークイコール目を大きく見せる化粧法と捉えられるようになった。
トレンド層へのグループインタビューでも、『涙袋』とのワードが当たり前のように出ている」
とはカネボウ化粧品広報の嘉瀬恵理子さん(32)。
中小メーカーが先行するなか、同社初の涙袋専用商品「ケイト ティアリードロップライナー」(1260円)が2月発売。
密着力が強いリキッド状のアイライナーだ。

 「ベージュとの2色ですが、膨張色で涙袋がパーンと張ってみえるピンクがイチオシ」。
目が腫れぼったく見えるピンク系アイシャドーのマイナスイメージを、逆転の発想で下まぶたに活用した。

 この涙袋メークの流行は今のところ、わが国固有のものらしい。
「もともと彫りが深くて目の大きな西洋人にはきっと必要ありませんし、ピンと来ないでしょう。
日本人独特の感覚と美意識。日本人って細部にまでこだわって面白いですよね(笑)」と嘉瀬さん。

 下まぶたにヒアルロン酸を注入する美容整形手術もあるが、メークでなんとか…という知恵と工夫が大和なでしこらしいではないか。

私が高校のとき「オロナインを塗ると涙袋が出来る」って聞いたことある!
でも、実際した子がいたけど涙袋って言うよりも
腫れてる?って言った方が正しかった・・・。

この新たな商品は素晴らしいけど
二重も作って、涙袋も作って、ガッツリメイクをしちゃうと
スッピンになったとき本当に別人になっちゃうかもね(^^;

顔重視で選ぶ男の人がいるとしたら・・・
慎重にねww!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ◆涙袋が作れる!?新商品が続々開発【画像】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
◆涙袋が作れる!?新商品が続々開発【画像】23歳の主婦が気になったニュース

トラックバック&コメント

トラックバックURL


こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。



23歳の主婦が気になったニュース

個人的に気になるニュースをPick up!!23歳の私が〝今〟思うこと。

Home